IT用語集|あのITキーワードは、こう使おう!

テザリングとは

テザリング。この言葉のやっかいなところは、「テザリング」と言おうとして、「デザリング」「デザリング」と言い間違えてしまうところに尽きます。

 

さあ、間違えないように。「テザリング」です。

 

もともとは、「つなぎとめる、縛る」という意味を持つ英語tetherのING動名詞ですね。

 

通信端末を内蔵したモバイルコンピュータ(たとえばスマホですね)を、外付けモデムのように使って、他のコンピュータをインターネットに接続することを意味します。

 

利用者の側から見ると、自分ーコンピューターテザリングとして見立てたモバイル(スマホ)ーインターネットへ、という具合ですね。

 

利用者にすれば、あらたに通信用のデータカードなどを契約、入手するることなく、スマホなどに接続することで通信が可能になる利点があります。

 

接続といっても有線ではなくBluetoothや無線LANなどを使えばケーブル接続なしに行なえますしね。

 

他方、携帯電話事業者から見れば、通常の携帯やスマホの通信に比べ、パソコンなどで送受信されるデータ量は多いので、回線が更に混雑するというジレンマにもなっています。

 

イタチごっこですねぇ。まあ、これによって次の技術革新も起きるのでしょうが。

 

で、覚えましたね。

 

デサリング、もとい、テザリングでした。