IT用語集|あのITキーワードは、こう使おう!

TCOとは

Total Cost Of Ownershipの略です。直訳すれば、所有にかかる総経費とでもなりますでしょうか。コンピュータシステムの導入から、維持・管理などにかかる費用の総額を表します。

 

かつては、システムにかかる費用に占める割合として、初期費用(イニシャルコスト)=導入費用が大きかったため、システム導入検討の際、製品比較などを行う場合、イニシャルコストを比較しておけば、まあOKだったわけです。

 

そして、時は流れ。。。

 

ハードウエアの価格が性能対比、大幅に低下。またパッケージなどのソフトウエアなどのソフトウエアの値段も下がってきました。さらには、SaaSに見られるように、利用ライセンスに応じた課金体系なども出てきました。

 

となりますと、単にイニシャルコストの評価だけではなく、システムの維持や管理、利用者教育コスト、さらには数年に一度起きるアップグレードにかかる費用の有無など、システム所有にかかる総費用で、評価・検証する必要が出てきたということになります。そんな背景から、TCOという言葉が、IT用語として定着してきたという次第。

 

他方、このTCOを算出するのは、非常に大変。かかるであろう費用項目の洗い出し、そして費用算出・シミュレーション、その上での評価となるわけですから。というわけで、この言葉もオトナ的に使いこなすと、かなり意識決定を遅らせることが出来ます

 

「そもそも、TCOの観点から比較することが大切でしょ、はい、再検討」

 

やれやれ。。