IT用語集|あのITキーワードは、こう使おう!

グリーンIT。。緑色のIT?まあ、「グリーン」が環境を連想させるワードであることから、環境ITかな、という連想は出来ます。

 

ただ、「グリーンIT」と聞いただけでは、ITによる環境対策なのか、ITそのものの環境への配慮なのか、ちょっとピンと来ないのが率直なところ。

 

ITによる環境対策、とした場合、細かく言えば、「Green by IT」であり、ITの導入や利活用で、環境対策に貢献しましょう、というもの。

 

他方、ITそのものの環境対策である「Green of IT」は、ITが稼動する際に出る熱量、CO2をいかに抑えるかが主眼になるわけですね。

 

で、一般的にグリーンITと言った場合は、後者「Green of IT」を指すのかな、と。

 

例えば、個人利用のノートパソコンでも、冷却用のファンの噴出し口近くにペットボトルなどを置いておくと、暖まってしまった経験などは、皆さんお持ちではないでしょうか。

 

個人利用(カタカナ語でいパーソナルユース、ですね)でもこんな状況ですので、データセンタやマシンルームなど消費される電力量は、膨大なものになります。さらに、サーバ類は熱に弱く、いかに冷やすかが裏テーマでもあり、その冷却のための空調整備も大きな電力を使っております。

 

ハードの性能向上、かつデータセンタなどの利用者には見えない環境での出来事なので、一般ユーザの関心はイマイチなのかも知れませんが、利用企業の電気代節約、さらには将来的に企業に対するCO2排出権割り当て、超過したら税金、なんて時代が来ないとも限らず、そこらへんをハードウエアベンダは商機として捉えているわけですね。

 

さて、「グリーンIT」のおとな語利用法(知ってるつもり風)
「松たか子が出ている富士通のCMで、研究員が風船を虫取り網で取るやつ、まああれがグリーンITだな」