IT用語集|あのITキーワードは、こう使おう!

Fintecchとは

Financial Technologyの略語で、フィンテックと発音します。

 

ITを利用して新たな金融サービスを生み出したり、既存のサービスを見直したりする動きを指しますね。この言葉が出てきた当初は、金融のプロの世界の難しい計算ロジックや高速計算を指すのかなあと思っていたのですが、例えば家計簿や会計ソフトなど、個人利用や小規模事業に対するサービスを指すのだなと理解を改めた最近です。特に、ネットワークで結ばれた現在では、さまざまなデバイスからの決済(平たくなればお金を払うこと、もらうこと)チャネルは、より一層生活に不可欠となっていくのでしょう。

 

考えてみたら、あまたある業種の中で、金融(業)が最もITと親和性が高いのかなあと改めて思った次第です。大上段に構えれば、ブツブツ交換から貨幣経済に発展し、さらに実際のカネ(現物の紙幣やコイン)がデジタルデータとして取引される時代に変化(進化)していくのが、バックとした金融業である以上、ITの適用・適応が最も進むのが金融分野であるのはたしかなんでしょう。

 

 

さて。冒頭、フィンテックと発音しましたが、これ、ファインテックとは読みませんね、なんとなく。

 

ちなみにFinancialは、フィナンシャル?ファイナンシャル?どちらが正解なんでしょうか。

 

調べました。どちらも正解。イギリス読みがフィナンシャル、アメリカ読みがファイナンシャルだそうです。