IT用語集|あのITキーワードは、こう使おう!

BPOとは

BPO。これも3文字略語ですね。Business Process Outsourcingf です。

 

企業が自社の業務の一部を外部業者に、企画・設計・運用まで一括して委託することを指します。なにゆえ、単にアウトソーシングといわずに、ビジネスプロセスという冠をつけたかが、このIT用語を理解するポイントです。

 

単なるアウトソーシングと、BPOの違いは、業務の委託範囲(まあ、外出しする範囲)にあります。特にITに関していうと、システムのアウトソーシングといった場合、ベンダーなどの業者にシステム構築と運用・保守を投げることを指すのに対し、BPOでは前工程で企画立案の段階からの噛み込みがプラスされるのと、システムだけでなく業務そのものを丸ごと出す(委託する)ことになります。

 

自社のコアビジネス領域以外は、餅は餅屋に、という形で外に出していくという昨今の時流の中で生まれたサービス形態とも言えますね。

 

そうそう、ローマ字略語のIT用語では、発音を変える場合があります(SaaS=サースのように)。

 

が、BPOは、そのままビー・ピー・オー と発音します。

 

ビーポー!と発音するとかなりイタイので注意しましょう。