IT用語集|あのITキーワードは、こう使おう!

BIとは

BIとは、Business Intelligenceの略です。ついに、3文字略語の先を行く2文字略語の登場です。ご安心ください。これより短い1文字略語は、ありません(ないと思うけどなあ)。

 

 

さて、BI、ビジネスインテリジェンス。

 

 

企業内に蓄積された膨大なデータを、加工・分析して、企業の意思決定に活用しようというものです。

 

分かりやすい事例としては、以前ご紹介したCRM/SFAにある顧客情報や営業推進状況のデータベース、これらを加工・分析するというものがあります。

 

例えば、取引先の情報を業種別に抽出し、自社が得意とする業種を分析したり、地域別に抽出してテコ入れすべき地域を洗い出したりといった具合に利用します。

 

 

さて、ここでのポイントは、2つ。

 

ひとつめが、BIツールは意思決定支援システムに過ぎず、その加工・分析軸というものを使いこなせないと、宝の持ち腐れになってしまうという点。

 

そして、二つ目が、BIツールで出てきた結果は、意思決定の材料(裏づけ・根拠)に過ぎず、実際の意思決定は当然ながらヒト(経営)がしなければならないという点。

 

ミモフタもない事実なのですが、くれぐれもお忘れなきよう。

 

さらには、、、

 

 

意思決定支援ツールを導入する意思決定が、

 

これまた難しいというパラドックスもあります。