IT用語集|あのITキーワードは、こう使おう!

アジャイル開発とは

システム開発の手法としてのアジャイル開発。本来のアジャイル(agile)は「すばやい」「俊敏な」という意味です。

 

俊敏な開発手法というわけですね。どうやって俊敏さを出すための工夫をするかというと、開発対象をいくつかの小さな機能に分割し、1つの反復(イテレーション)で1機能を開発するという技を使うことになります。

 

アジャイル開発が、一時バズワード(そうそう、バズワードというのも用語集に書かないといけませんね。まあ、「時代のあだ花」とでもここでは訳しておきましょう)となりそうかなと個人的には思ったのは、ひとつの反復の中も、ひっちゃかめっちゃかにスケジュール化されてしまうのかなと勘違いしたからでした。

 

なんとなく、アジャイル開発って、出来ちゃった結婚みたいなイメージを持ってた次第です。

 

実際は、小さな機能に絞った開発の中は、計画・要件定義・設計・実装・テストといった今までのウォーターフォール型の開発をきちんと行うもので、それを何セットも繰り返すというものですね。

 

さて、開発手法そのものは、アジャイル、ウォーターフォールそれぞれのメリデメがあると思いますが、アジャイルは、よりユーザの噛み込みが必要になってくると考えられます。

 

複数セットの中で要件定義をしっかりやれる人とユーザ部門の時間をいかに確保できるか、が鍵ですね。

 

そのため、短時間で小さな機能の開発をこなす際の体制を「スクラム」なんて呼び方をします。

 

スクラムを組んでアジャイル(俊敏)に、開発を仕上げていくというイメージですね。