IT用語集|あのITキーワードは、こう使おう!

IoTとは

Internet of Things。単純に訳せば、「モノのインターネット」となりますが、「モノがインターネット(正確にはインターネットプロトコル)でネットワークされている状態」という意味でしょうかね。

 

すべてのモノにIPが振られ、その情報がインターネットの中を駆け巡りデータとして蓄積・利用されていくイメージです。ビッグデータの活用の基盤になりますね。

 

スマホというデバイスでの話になりますが、震災直後のスマホの位置情報をプロットした動画などをご覧になった方も多いかと思います。あの世界が単にデバイスではなく、すべてのモノで可能になる世の中、ということでしょう。

 

技術的には十分に可能。というかもう実現している現在では、そのデータをどう活用していくかが論点になっていきます。非常に素朴な言い方になってしまいますが、人類の発展のために使ってほしいものです。

 

用語としてのIoTですが、ローマ字略字用語での大文字・小文字混在は、SaaSあたりから発生しております。が、今回は3文字で途中が小文字でして、おお、その手があったかという感じです。

 

IoT。

 

 

なんとなく、ToTあたりの絵文字と間違えそうなところもお茶目です。